「自己破産をすると口座凍結されるって本当?」

「自己破産しても新しい銀行口座は作れる?」

自己破産をすると銀行口座が凍結される、という話を聞いて不安になる方はとても多いです。凍結してしまうと、お金が引き出せなくなってしまうので、生活に支障もきたしてしまいますよね。

また自己破産をして口座凍結されると、新しい口座も作れないと思っている方も多いです。そこで、自己破産と銀行口座について説明していきます。

関連リンク
自己破産について詳しくはこちら

自己破産で銀行口座が凍結されるって本当?

自己破産をすると銀行口座が凍結されるというのは本当なのでしょうか。

実は、自己破産をすると必ず口座凍結されるというわけではなく、口座凍結されるのはあくまで借入がある銀行口座だけです。

銀行から借入している場合、自己破産の手続きを開始すると、代理人である弁護士から銀行に受任通知(これから自己破産をします、という通知)が送られます。そうすると銀行は、この先もしかしたら貸したお金が返ってこないかもしれない、と口座を凍結して、お金を引き下ろせないようにします。

口座凍結をした後、預貯金や定期預金に入っているお金を借金と相殺し、口座に入っているお金を銀行が引き落とします。それでも足りない場合、銀行は保証会社に代位弁済(借金をかわりに払ってもらうこと)を求めます。

通常は、この代位弁済が得られた時点で口座凍結は解除されますが、銀行によっては口座凍結を解除せず、口座の強制解約処理をすることもあります。口座凍結が解除される場合はだいたい2カ月程度かかります。

口座凍結される前の対処法

銀行から借入をしていた場合、一時的に口座凍結されるのは避けられません。銀行としても貸していたお金はできるだけ回収したいものです。ただ、口座凍結される前に対処しておいたほうがいいことが3つあります。

口座残高を0にしておく

口座が一度凍結されてしまうと、解除されるまではお金を引き下ろすことができませんし、預貯金があっても借金と相殺されて銀行に引き落とされてしまうので、その前に自分で引き出して口座残高を0にしておく必要があります。

ただ、引き出した現金の使い方については、担当の弁護士としっかり話しておく必要があります。生活費や弁護士費用などであれば問題ありませんが、直前に現金化して使い方を間違えると、自己破産の手続きを進める上で問題になる可能性もあります。(財産隠しや偏波弁済に利用したと捉えられ、認可が下りなくなる。)

お給料の振込先を変更しておく

また、口座が凍結されると、銀行によっては振込もできなくなります。振込の処理がエラーになってしまうので、会社のお給料の振込先も変更しておく必要があります。

もし、お給料の振込でエラーになってしまうと、会社に「何かあったのか」と心配をかけてしまいますし、銀行と何かトラブルを抱えていると思われるとイメージもよくないですよね。

会社からお給料の振込先の銀行が指定されている場合は、違う支店で別の口座を作ることもできます。

仮に、口座凍結後、問題なくお給料が振り込まれたとしても、引き出せなくなりますので、やはり事前に変更しておくべきでしょう。

新しく口座を作ったり、振込先の変更に時間がかかる場合は、受任通知を送るタイミングを遅らせることもできるので、弁護士としっかり相談してから決めましょう。

家賃や公共料金など引き落とし口座を変更しておく

口座凍結されると、引き落としもできなくなってしまうため、家賃や公共料金など毎月口座から自動で引き落としされる場合、変更しておく必要があります。

銀行から借入がない場合は大丈夫?

では銀行から借入がない場合ですが、口座が凍結されることはありませんが、注意しなければならないことがあります。

自己破産の手続きを開始すると、いったん返済の義務はストップします。そして手続きが終了するまでは特定の債権者(お金を貸してくれている人)に返済をすることは禁じられています。

特定の債権者に返済することを偏頗弁財と言い、特定の債権者にだけ返済することで、他の債権者にとって不利益が生じてしまうため、自己破産の手続き中は特定の債権者を優先的に扱ってはいけません。

しかし、クレジットカードの引き落としなど、自動で引き落とされるものがある場合は注意が必要です。こちらから支払いはしていなくても、裁判所に、債権者を平等に扱っていないと疑われてしまうため、引き落としに設定している口座の残高を0にしておく必要があります。

どの口座残高を0にしたらいいか分からない、どのタイミングで現金を引き下ろしたらいいか分からない、という場合は、弁護士に自己破産の相談をした時に一緒に相談してみましょう。

ちなみに、口座からの引き落としが、口座振替のみであれば問題はありません。

口座が凍結されたらどうする?

ではもし口座が凍結されてしまったらどうすればいいでしょうか。

口座は一度凍結されてしまと、基本的には銀行が解除してくれるのを待つしかありません。大体2カ月程度で解除されることが多いですが、もしそれ以上待っても解除されない場合、弁護士から銀行に解除の依頼をしてもらうこともできます。(対応してくれる弁護士かどうかは、担当の弁護士によります。)

また、もし凍結されてしまった場合、お給料の振込などができなくなります。その際は会社に一時的に手渡しにしてもらうようお願いするか、別で口座を持っていれば振込先の口座を変更してもらう必要があります。

一度凍結されてからでは色々と面倒なことが多いので、凍結される前に現金を引き出したり、振込先や公共料金の引き落とし先などをあらかじめ変更しておきましょう。

自己破産しても新規で口座は開設できる

もし銀行口座を1つしか持っていなくて、強制解約さられたような場合でも、新規で口座を開設することは可能です。

ただ、自己破産の対象になった銀行(借金があり、自己破産でそれを免除してもらった銀行)では口座開設を断られることもあるので、別の銀行で口座開設することをおすすめします。

銀行で口座開設をする時は、クレジットカードの審査などと違って、信用情報機関の登録された信用情報(いわゆるブラックリスト)などはチェックしません。クレジットカードと違い、銀行はお金を預けてもらうだけなので、特にリスクがないため、審査などはないからです。

ただ、銀行のカードにクレジットカード機能をつけたい場合は、信用情報をチェックされるので、自己破産をした情報が載っている5~10年の間は審査に通りません。

また、もともとクレジットカード機能がついていた銀行口座でも、クレジットカード機能を外した銀行のカードを再発行してもらうことができます。

まとめ

自己破産をすると銀行の口座は凍結されて、新しい口座も作れなくなるんじゃないか、と不安に思っている方は多いですよね。銀行の口座がないととても困りますし、お給料の振込や年金の振込に始まり、家賃や公共料金の引き落としなど、銀行口座がないと生活に支障をきたしてしまいます。

しかし、自己破産をしても、借入があった口座以外は凍結されることはありませんし、もし凍結されたとしても大体2か月で解除されることがほとんどで、解除されなかったとしても新しい口座は作ることができます。ただ、口座が凍結されそうな場合は、現金を引き出しておいたり、振込先を変更したりと事前の準備が必要です。

自己破産の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ