「自己破産したいけどクレジットカードが使えなくなると困る…」

「クレジットカードは一生使えなくなるの?」

自己破産を考えている方の多くが、クレジットカードは使えなくなってしまうのか、いつから使えるようになるのか、ということは気になりますよね。

クレジットカードが使えないと、ネットでのショッピングだけでなく、航空券の予約やホテルの予約などもしづらくなったり、ネットサービスも利用しづらくなったり、何かと不便でしょう。そこで、自己破産をするとクレジットカードを使えなくなるのか、他に替わりになるカードはないのか、など説明していきます。

関連リンク
自己破産について詳しくはこちら

自己破産するとクレジットカードは使えなくなる?

結論から言うと、自己破産をするとクレジットカードは使えなくなります。

自己破産をすると、名前や住所、自己破産をしたということが信用情報機関の信用情報というものに載ってしまいます。

いわゆるブラックリストに載るということになります。

このブラックリストに載るということは、過去に自己破産をして、貸したお金が返ってこなかったことがあります、という情報が載るということです。

ブラックリストは特定のクレジットカード会社やローン会社が見ているわけではなく、貸金業者(銀行・消費者金融・クレジットカード会社)の間で共有されている情報なので、一度載るとほとんどのクレジットカード会社やローン会社に自己破産したことが共有されてしまいます。

そうすると、ローンが組めなくなるだけでなく、クレジットカードも使えなくなってしまいます。

ブラックリストに載るとクレジットカードが使えなくなるのはなぜ?

ブラックリストに載ると、ローンを組んだりお金を借入したりするのは難しい、ということは想像できますが、クレジットカードについては少しピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。

クレジットカードでは現金を借りているわけでもなく、ローンを組んでいるわけでもないので、普通に使えそうな気がしますよね。

しかし実際は、お金をクレジットカード会社から前借りして商品を購入している状態になるので、一時的に借金をしているのと同じ扱いになります。

クレジットカード会社も、後でちゃんと払ってくれるだろう(口座から引き落とせるだろう)という信用のもと前借りさせてくれているので、ブラックリストに載ってしまうと「もしかしたらお金が引き落とせないかもしれない、支払ってもらえないかもしれない」と、支払い能力に疑問を持たれ、クレジットカードの利用を止められてしまうのですね。

クレジットカードはいつから使えるようになる?

ブラックリストに載るとクレジットカードが使えなくなりますが、ブラックリストに載るといっても、一生ということはありません。

だいたい5~10年すると、ブラックリストから情報が削除されます。

金融機関や事故情報を照会する信用情報機関によって少し差が出ますが、最短で自己破産してから5年経過すれば、クレジットカードを新しく作ることができます。

信用情報機関は大きく分けて3つあり、CIC、JICC、KSCがあります。CICとJICCは基本的に5年経てば事故情報が消え、KSCは10年で事故情報が消えます。

それぞれを覚える必要はありませんが、事故情報が消えたかどうか確認したいという場合はそれぞれの信用情報機関に開示請求することができます。

事故情報が残ったままだと新しいクレジットカードを作るのは難しいので、本当に消えたか確認してから作りたい、という場合は5年以上経ってから信用情報機関に情報開示を請求してみましょう。情報開示請求は、インターネットから行うことができます。

クレジットカードを作る時は1社ずつ申し込みしよう

ブラックリストから外れて、新しくクレジットカードを作る時は、1つでも審査に通ってほしくて何社も申し込みたくなりますよね。

しかし、何社も同時に申し込みをしている、という情報が信用情報に登録されると、「お金に困っているのかもしれない」と思われ、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

1社ずつ申し込みをしたとしても、審査に落ちてまたすぐ別の会社で申し込みをしていると、同じように審査で落ちる可能性が上がってしまいます。

まずは、事故情報が消えたかどうか確認し、1社ずつ申し込み、審査結果が出るまでは他の会社では申し込みしないようにしましょう。

クレジットカードの代わりになるカードってあるの?

ブラックリストに載っている5年~10年、クレジットカードが全く使えないとなると不便さを感じる方は多いですよね。

ネットでお買い物をする時も、代引きだと手数料がかかりますし、できればカードで支払いたいという方は多いです。

車によく乗る方であればETCカードの引き落としにクレジットカードを使用している方も多いでしょう。

その他、航空券やホテルの予約、ネットサービスの月額費用など、クレジットカードがないと不便を感じる場面はたくさんあります。

しかし、クレジットカードが使えなくても代わりに使えるカードが3つあります。

デビットカード

デビットカードとは、クレジットカードと違い、決済したらその場で銀行口座から直接引き落としされるカードのことです。

クレジットカードは、カード会社が前もってお金を払い、後で口座から引き落とされるので、支払い能力があるかどうかの審査がありますが、デビットカードではその審査が不要なので、ブラックリストに載っていても新規で作ることができます。

VISAやJCBなどを搭載している契約店であればクレジットカードと同じように使えますし、見た目もクレジットカードととても似ています。

銀行口座に預貯金がなければそもそも決済ができないので、使い過ぎを防ぐという意味でもメリットがあります。

デメリットとしては、分割払いやリボ払いに対応していないということと、VISAやJCBを搭載していなければ使えないため、ETCカードなど対応していない場合もあります。

プリペイドカード

プリペイドカードとは、事前にカードに入金をしておき、チャージされている金額内で利用ができる前払い式のカードです。

Suicaやnanacoカードなんかを想像していただくとわかりやすいかもしれません。カードの種類も、クレジットカードと同じようにVISA、マスター、JCBがあり、ネットショッピングや海外旅行先など、様々なシーンで使えます。

チャージしている金額以上には使えないという点で、デビットカード同様使い過ぎを防ぐというメリットがあります。

デメリットとしては、都度チャージをする必要があり手間がかかる、ということと、一括払いにしか対応していないため、月額利用などの引き落としには対応していません。

プリペイドカードは銀行口座も必要ありませんし、審査もいらないので、ブラックリストに載っていてもすぐに作ることができます。

家族カード

家族カードとは、クレジットカードを契約している主契約者の信用のもと、追加で発行できるカードです。

クレジットカードと同様に使うことができますが、使用すると主契約者に一括で請求されるので、信頼関係のある人にお願いして作ってもらう必要があります。

妻が主契約者(親カード)であれば、子カードとして自己破産をした夫でもクレジットカードを持てるということです。

カード会社によっては家族カードの発行をしていないところもあるため、一度確認してみましょう。

まとめ

自己破産をしてブラックリストに載ると、最短でも5年はクレジットカードを使うことができませんし、新規でカードを作ることもできません。ただ、クレジットカードの代わりになるカードもあるので、決済する上でカードがないと不便、という場合でも審査なしで作れるデビットカードやプリペイドカードがあります。

分割払いやリボ払いはできませんが、分割払いやリボ払いで借金が膨らんでしまったというのはよくあることです。多少不便を感じるかもしれませんが、再び借金をしてしまうリスクを防ぐことにもつながります。実際はクレジットカードとほとんど変わりなく使えるので、クレジットカードの代用として検討してみてはいかがでしょうか。

自己破産の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ