「個人再生をするといつまでクレジットカードが使えないの?」

「個人再生をしても弁護士に頼めばクレジットカードは使える?」

個人再生をした後、クレジットカードがいつまで使えないのか気になっている方は多いのではないでしょうか。ネットでのショッピングや月額料金の支払いなど、クレジットカードがあると何かと便利ですが、それが使えないとなるととても不便ですし、個人再生後できるだけ早く使えるようにしたいですよね。

個人再生をしてから、クレジットカードが使えるようになるまでどれくらいかかるのでしょうか。またその期間を早めることはできるのでしょうか。

関連リンク
個人再生について詳しくはこちら

個人再生でクレジットカードが使えなくなる理由

まず個人再生をするとクレジットカードが使えなくなる理由をおさらいしておきましょう。

個人再生をすると、信用情報機関の信用情報に事故情報が載ってしまいます。いわゆるブラックリストに名前が載ってしまうということです。

この信用情報というのは、貸金業者(銀行・消費者金融・クレジットカード会社)の間で共有されている情報で、ローンの滞納や延滞、個人再生や自己破産などの債務整理情報が載っている情報です。ここに個人再生をしたという情報が載ると、借金を返せなかったことがある、とみなされクレジットカードが使えなくなったり、新しくクレジットカードを作ることができなくなります。

なぜブラックリストに載るとクレジットカードが使えなくなるのかと言うと、クレジットカードというのはカード会社からお金を前借りして商品を購入したりサービスを受けて、後からお金を支払う仕組みになっています。

この時ブラックリストに情報があると、クレジットカード会社はお金を貸したけど払ってもらえないかもしれない、口座から引き落とせないかもしれない、と支払い能力を疑い、クレジットカードが使えないようにしてしまうんですね。

信用情報機関の種類

では信用情報機関に事故情報が載ると一生クレジットカードが使えないのかというとそうではありません。事故情報は何年かすると削除され、削除されてしまえばクレジットカードも使えますし、ローンも組めるようになります。

では、具体的に何年で削除されるのかというと、信用情報機関の種類によります。信用情報を運用している信用情報機関は3種類あり、それぞれどの信用情報機関に属しているかで、削除されるまでの年数も変わります。

信用情報機関 主な会員の業種

株式会社日本信用情報機構(JICC)消費者金融、信販会社

貸金業法指定信用情報機関(CIC)クレジットカード会社、信販会社

全国銀行個人信用情報センター(KSC)銀行、信用金庫

このような感じでそれぞれの信用情報機関に属しています。

個人再生の信用情報掲載期間

ではそれぞれの信用情報機関において、個人再生の情報が削除されるまでの期間はどれくらいでしょうか。

株式会社日本信用情報機構(JICC)→5年
貸金業法指定信用情報機関(CIC)→登録なし
全国銀行個人信用情報センター(KSC)→10年

となっています。

ではCICにしか属していない業種であればクレジットカードを作ったりローンを組んだりできるのかというと、実はそうではありません。

この3社は情報を共有しているため、CICにしか属していない業者でもJICCやKSCから情報を受け取ることができます。この3社のネットワークのことをCRINと言います。

一度ブラックリストに載ると、クレジットカードも作れないし、借入もできない、ローンも組めないというのはこのためです。どれか1つに情報が載ると、結局は3つともに情報が載っているのと同じような状態になるんですね。

そのため、基本的には一番長いKSCの10年がベースとなり、10年経つまではクレジットカードの審査も通らないと思っておくといいでしょう。ただ、クレジットカード会社によっては、3社全部をチェックせず、JICCとCICだけチェックする、というところもあるため、最短で5年で審査が通ることもあります。

実際に自分がブラックリストに載っているかどうか、というのは各信用情報機関に情報開示請求をすることができます。もし実際にクレジットカードを作りたいけど、自分がブラックリストに載っているかどうか分からない、という場合は各情報機関に開示請求してみましょう。

ブラックリストに載る起算点にも注意

ここで少し注意したいのが、ブラックリストにいつ情報が載るのかということです。この情報が載るのはいつからか、というのを起算点といいます。

個人再生においては、JICCの起算点が「個人再生の手続き開始決定」となっています。KSCの起算点も「個人再生の手続き開始決定」となっているので、裁判所に申立をして手続きが始まった日からになります。完済してからではないので、もし個人再生を考えている方は早めに手続きを開始したほうが、その分早くブラックリストから情報が削除されるということになります。

まとめ

個人再生は大幅の借金を減額できる債務整理方法ですが、手続きを開始してから最短で5年、長いと10年はクレジットカードを作うことができなくなります。もし早くクレジットカードを使いたい、という方は、5年以上経過してから各信用情報機関に開示請求してみるのがおすすめです。

個人再生の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ