任意整理を検討するにあたって、

「200万円の借金があるけど、任意整理はできるの?」
「任意整理をすれば、200万円の借金はどれくらい減るの?」

と、疑問や不安を思っている人もいるでしょう。

任意整理において、対象となる借金の金額の下限は設定されていません。そのため、借金の金額とは関係なく任意整理をすることが可能です。少額の借金であっても、1000万以上の高額であっても、借金の返済が困難な状況にあれば何らかの対処が必要です。

返済の目途が立たない場合や、生活に余裕がない場合には、任意整理を検討することをおすすめします。今回は、借金が200万円ある場合の任意整理について、返済パターンの例をあげながら詳しく説明していきます。

200万円を借りた場合、いくら返済するか知っていますか?

あなたがカード会社から200万円を借りた場合、200万円をそのまま返せばいいというわけではありません。借りたお金に対しては、カード会社それぞれによって設定された金利がつきます。また、返済が遅れた場合には遅延損害金という損害賠償を請求される場合もあります。

利息や遅延損害金はこんなにも大きい

利息は、お金を借りるという行為に対して支払うものであり、遅延損害金とは、借金の返済が遅れたために発生した損害賠償金です。一方で、遅延損害金は、損害賠償金なので、借金の返済を延滞している日数分にのみ発生します。

年利が15%で200万円の借金をすると、一回目の利息分は、200万円×15%÷12=25,000円となります。仮に、一回目に6万円の返済を行うと、差額である35,000が元本に充てられるため、元本は196万5千円に減るわけです。

2回目の利息分は、196万5千円×15%÷12=24,562円となり、元本が減少するにつれ、利息分も減っていきます。

しかし、例え、毎月6万円づつ返済していったとしても、初めの1年は利息分だけで合計25万円くらい支払うことになるので、200万円もの借金があれば、相当な額を利息として支払わなけれいけないことが分かるでしょう。25万円あれば、1ヵ月生活できてしまいますからね。

ちなみに、毎月2万5千円しか返済しなければ、利息分だけなので、1年後には元本は一切変わらず、単純に合計30万円支払っただけになります。

また、遅延損害金については法定利率によって一律に算出する方法をとっています。一般的に、法定利率は、年5%~6%で算出されるのが基本です。

しかし、カード会社とあなたの契約によって、法定利率よりも高い利率を定めることができるため、カード会社の多くは、遅延損害金の利率を年20%に設定しています。

ここで、遅延損害金が20%で借金が200万円あって1ヶ月滞納している場合、いくらの遅延損害金が発生するのかを計算してみましょう。

200万円×20%÷12ヶ月=約3万3千円となります。1ヶ月滞納した場合には、約3万3千円の遅延損害金が発生します。2ヶ月経つと6万6千円、3ヶ月経つと9万9千円といったように返済が滞れば滞るほど遅延損害額は大きくなっていきます。

このように、借りたお金そのものに加えて利息や遅延損害金を支払わなければならない場合、借金の総額が大きくなっているため、任意整理によって遅延利息金や今後発生する利息(将来利息)をカットすることは借金の負担を大きく減らすことにつながるのです。

借金200万円を任意整理するとどうなる?

ここでは、借金が総額200万円あるAさんの場合について具体的な返済額を計算していきます。

Aさんは、甲社からは100万円、乙社から20万円、丙社から80万円の合計200万円の借金があります。月々の返済額は10万円です。

Aさんは、現在30歳で家族は妻と1歳の娘です。自宅は賃貸で、妻は育児休暇中であり借金のことは秘密にしています。子どもも生まれて家族が増えたことで出費がかさみ、借金の返済が滞ってしまいました。この機会に任意整理をして、月々の返済額を減らしていきたいと考えています。

今回は、200万円(金利17%)の借金を3年間かけて返済する場合と5年間かけて返済する場合について取り扱いたいと思います。

200万円の借金を3年間で返済する場合

月々の返済額は、およそ7万円。

返済総額は、71,305円×36回=2,566,980円となります。支払い利息の総額は、2,566,980円-2,000,000円=566,980円です。利息だけみてみると、約56万円です。つまり、200万円をかりて256万円返していく必要があるということです。

任意整理をした場合には、利息分の56万円をカットできます。そうすると、月々の返済額は、200万円÷36回=約5万5000円です。月々およそ7万円を返済しなければならなかったのが、任意整理後には、5万5000円で良いことになります。

実際には、任意整理では元本を60回払いで計画を組み直すことが通常なので、月々の返済額は3万4千円にできることが一般的です。(もちろん36回払いで和解することも可能です)

200万円の借入を5年間かけて返済する場合

月々の返済額は、およそ5万円です。返済総額は、60回×49,705円=2,982,300円となります。支払い利息の総額は、2,982,300円-2,000,000円=982,300円です。利息の総額は約100万円です。

任意整理をした場合には、利息分の約100万円がカットされます。そうすると、月々の返済額は、200万円÷60回=約3万3000円です。月々の返済は、5万円から約3万円まで減らすことが出来ます。

上記のように、任意整理を行わず借金を返済していくと、支払い期限を延ばせばのばすほど、利息がどんどん膨らんでいき借金の総額は大きくなっていきます。しかし、任意整理をして利息をカットすることによって月々の返済額は大きく減っていきます。

任意整理をすれば借金はゼロになる?

結論からすると、任意整理をすることによって借金が無くなるわけではありません。任意整理は、弁護士や司法書士といった代理人がカード会社と交渉をして、借金の利息や遅延損害金のカットを行い、借金の総額を減らすことができますが、借金の元金そのものが減ることはありません。

しかし、先ほど例をあげて説明したように利息分を含めた借金を返済していくことはとても大変です。利息分がカットされることによって、生活状況が楽になります。

加えて、長い間借金の返済をしていて、過払い金がたくさんあった場合には、これまでの借金の返済分が総裁され、借金がなくなり、過払い金が返ってくる場合もあります。原則、減額された借金についてはすべて返済をする義務があります。

借金によるストレスからも解放される

任意整理を代理人に依頼すると、カード会社からのあなたへの催促はストップします。これまでのような、取り立ての電話や、督促状から追い詰められる日々から解放されます。

また、カード会社とのやりとりのすべてが代理人を通して行われるため、あなたが直接交渉をすることはありません。借金によるストレスから解放された日々を送ることができます。

借金の金額が膨らみ、ストレス状態にある方や、周囲の人への協力も得られにくい場合、また、家族に内緒で債務整理を行いたい方にとって任意整理はおすすめの方法です。

まとめ

・任意整理によって、借金の利息や遅延損害金のカットを行い借金の総額を減らすことができるが、借金の元金そのものが減ることはない。
・任意整理をした結果、過払い金が発生していたことが判明し、過払い金請求により払い過ぎていたお金を取り戻すことができることもある。
・200万円を借入して、3年かけて返済する場合、利息分だけで借金は約56万円になる。5年かけて返済する場合には利息がおよそ100万円になることから、返済期間をのばせばのばすほど、借金の総額は大きくなり返済の負担も増す。
・任意整理を代理人に依頼すると、カード会社からのあなたへの催促はストップするため、借金の返済に関するストレスから解放される。

任意整理の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ