「自動車ローン(オートローン)の支払いがキツイ」
「他の借金が圧迫して自動車ローンに手が回らなくなりそう」
「自動車ローンを任意整理したらどうなるの?」

借金問題で悩んでいる方の多くに、自動車ローン(オートローン)の占める割合が大きく、借金返済の負担になっているということがあります。そこで、自動車ローンは任意整理できるかどうかを考えるわけですが、結論、自動車ローン(オートローン)を任意整理することは殆ど無いでしょう。不可能というよりも、整理対象にしないという言い方が正しいかもしれません。

通常、自動車ローンを任意整理をすると、所有権留保の関係上、同時に自動車はローン会社に引き上げられてしまうことになります。言い換えると、自動車を手放さずに自動車ローンを任意整理することはできないということです。また、任意整理は、債権者(自動車のローン会社)に拒否する権利がありますので、そもそも交渉にさえ応じてくれないことも多いのです。

任意整理について詳しくはこちら

自動車ローン(オートローン)のしくみ

自動車ローン(オートローン)とは、一般的に、ローン会社(銀行・消費者金融・信販会社)が、自動車を購入した方に代わって、ディーラー(自動車を販売している会社)に立て替えてくれているお金を、後々にローン会社に分割で返済していく仕組みのことです。

つまり、ローン会社に借金をしているということなのですが、この際に担保として、所有権留保というものを付けられています。

所有権留保とは、ローンを完済するまでの自動車の所有者は、立て替えてくれていた、ローン会社であることを示し、万が一支払いが滞ったり、返済が出来なくなってしまった場合に、自動車を引き上げて、返済の不足分を補えるための保険としているのです。

自動車ローン(オートローン)を任意整理するとどうなる?

任意整理によって期待できる効果の一つとして、将来利息のカットがあります。

将来利息がカットされると、任意整理を行ったタイミングから今後の利息はゼロになり、元本だけ返済していけばよくなるのですが、ここで上述した所有権留保が影響してくるのです。

任意整理によって将来利息がカットされるということは、ローン契約通りに返済が出来なくなったということで、所有権留保により、自動車を引き上げられてしまうのです。

つまり、ローン残額は利息なしで払っていけるが、自動車は失ってしまうということです。

ローン会社が引き上げた車は売却され、自動車ローンの残額に充てられ、それでも残った額が借金となります。

例えば、300万円の自動車をローンで購入していたとしましょう。

自動車ローンやその他の借金返済が苦しくなり、自動車を手放しても良い覚悟で、自動車ローンを任意整理の対象に含めたとすると、そのタイミングで自動車ローン残高が100万円だったとしましょう。

ローン会社が任意整理を受け付けない可能性はありますが、受け付けてくれたとすると、ローン会社はあなたの車を引き上げて売却します。

売却価格が60万円だった場合、「100万円(ローン残高)-60万円(売却価格)=40万円(結果的に残った借金)」というようになり、40万円の借金を分割で支払えるように交渉していきます。

あまり、長期の分割は期待できませんが、36回払いで和解できると、40万円÷36回≒1万千円/月ということですね。

また、既に事故などで廃車になっていた場合は、失うものが無く通常のカードローンの借金と変わりませんので、任意整理の対象とすることが可能です。

自動車ローン(オートローン)は任意整理の対象から外すことが普通

借金が、自動車ローン(オートローン)の支払いだけで、それが苦しいという方は少ないでしょう。

借金に悩んでいる方は、自動車ローン以外にも借金を抱えていることが多く、消費者金融からの借金や、クレジットカードでのショッピング・キャッシングの使い過ぎなど様々な借金がありま、これらと重複して自動車ローンを返済しています。

いわゆる、多重債務者と呼ばれるカテゴリーになるのですが、こんな状態こそ任意整理は力を発揮するのです。

任意整理には、整理対象を自由に選択できるという特性があります。

前述のとおり、自動車ローンを任意整理すると所有権留保の関係上、自動車を失ってしまうことになりますので、自動車ローンを任意整理の対象から外し、その他の借金を任意整理の対象とします。

例えば、あなたは、みずほ銀行から120万円・アコムから70万円・エポスから60万円・自動車ローン残高150万円といった合計4社から借金をしているとしましょう。

この場合、月々の返済額は、みずほ銀行:約4万円、アコム:約2万5千円、エポス:約2万円、自動車ローン:約4万5千円となり、合計返済額は13万円となります。(※契約形態によって差は生じます。)

自動車は失いたくないので、整理対象から外し、みずほ銀行・アコム・エポスの3社を任意整理の対象とします。

任意整理の将来利息カットと返済計画の見直しの2点の効果によって、みずほ銀行:2万/月、アコム:1万2千円/月、エポス:1万円/月まで減額できますので、自動車ローンを含めた合計返済額は8万7千円/月となります。

何もしない状態での返済額が13万円であるのに対し、任意整理で8万7千円にまで減額できることによって、自動車を手放すことなく月々の返済額を下げられるということです。

また、みずほ銀行・アコム・エポスを任意整理せずに支払い続けると、完済時には合計約310万円を支払うことになり、元本の250万円を差し引いた60万円が利息分ですが、任意整理をすると、この60万円は支払わなくても良くなります。

60万円といえば、大概のことはできてしまうので、見過ごせない額であることは理解できるのではないでしょうか。

このように、自動車ローン以外の借金を任意整理することによって、月々の全体的な返済額を下げられるので、自動車を保持し続けられるのです。

任意整理後に自動車ローン(オートローン)は組めるのか?

任意整理をすると、ただ一点デメリットがあります。

それは、ブラックリストに載るということですが、ブラックリストに載ると、約5~7年は削除されません。

これは、自動車ローン(オートローン)を任意整理の対象に含めず他のカード会社だけを整理対象にしたとしても、ブラックリストに載ります。

ブラックリストに載っている期間は、お金を借りるということが全般的にできなくなりますので、自動車をローン購入するということもできなくなります。任意整理後の約5年は自動車ローンは組めないでしょう。

しかし、ブラックリストから外れると、信用情報は元通りになりますので、自動車ローンは組めるようになるでしょう。(※ローン審査は、ブラックリストの有無以外にも収入などが考慮されるため、ローン申請時の契約者のステータスに依存することから必ずローンを組めるとは限りません。)

まとめ

自動車ローン(オートローン)を任意整理することは、基本的にはありません。所有権留保があるので、任意整理をすると自動車は取り上げられてしまうので、借金返済に苦しんでいる場合は、自動車ローン以外の借金を任意整理の対象とするようにしましょう。また、任意整理後は5年間ブラックリストに載り続けるので、その期間が経過するまでは自動車ローンは組めないでしょう。

お問い合わせ

任意整理の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ