「任意整理をしたことって、家族に知られるの?」

「任意整理することは家族に話しておいた方がいいの?」

など、任意整理をするにあたって、家族に知られるのか、家族にどのような影響があるのか心配はあるものです。

借金をしていて、返済が困難な状況にあることは、家計を共にする家族であれば共有しておき、助け合うことも必要です。しかし、できれば誰にも知られなくない借金だってあるはずです。

そこで、今回は任意整理と家族への影響について解説しますので、家族に話したほうがよいのか判断する材料にしてみてください。

任意整理をしたことをまだ家族に話していない場合

家族にバレている可能性はある?

結論から言うと、あなたから伝えない限り、任意整理をしたことが家族にバレている可能性は低いです。

ただし、あなた名義のクレジットカードの家族会員カードを家族が利用していた場合には注意が必要です。

任意整理後は、ブラックリストに載りおよそ5~7年間は、クレジットカードが使用できなくなるため、突然カードが使えなくなったことによって、バレる可能性があります。

どうしてもバレたくない場合には、任意整理をする前に何らかの理由をつけて、家族会員カードが使えなくなることを家族に伝えておきましょう。

ブラックリストとは?家族も載る?

ブラックリストとは、あなたの事故情報が信用情報機関に載ることです。日本には、3つの信用情報機関がありますが、任意整理をした場合にはこのうち2つの機関に載ります。

ブラックリストに登録されている期間については、新たな借り入れや、クレジットカードを利用することが出来なくなります。各情報機関によって、掲載される期間は異なりますが、任意整理をした後、減額された借金の返済を滞りなく行っていれば、5~7年でブラックリストからは削除されます。

あなたがブラックリストに載っても、家族に影響はありません。また、あなたがブラックリストに載っているという情報を家族が知り得ることもほとんどありません。

任意整理したことを話した方が良い場合は?

あなた名義でローンを組む可能性がある場合

カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行など)は、借り入れの申し込みや、クレジットカードを作る際に信用情報機関にあなたの情報について照会をします。

そこでは、あなたについての情報(これまでの借り入れや返済の状況、あなたの属性)が載っておりその情報をもとに、あなたを信用できるか判断し、審査を下します。

そのため、今後の家族計画においてあなたの名義でローンを組む可能性がある場合には、任意整理をすることを家族に話しておいたほうが良いでしょう。先ほど説明したように、ブラックリストに登録されている期間については、新たな借り入れやクレジットカードの利用は制限されるため、あなたの名義でローンを組むことは出来ないからです。

子どもの進学が迫っている場合

お子様の進学の際には、なにかとお金が必要です。特に、大学へ進学するには地方にお住まいの方の場合、学費のほかに下宿代も必要となってきます。

お子様がアルバイトをして、生活費を稼ぐこともできますが、学業との両立をできるだけ楽にするために奨学金を検討される方も多いのではないでしょうか。

あなたが任意整理することで、子どもが奨学金を借りられなくなるのでは?と心配される方もいると思います。

多くの学生が利用している、日本学生支援機構の奨学金を利用するには、保証人をつける必要があります。保証人とは、契約者が支払いをできなくなった場合に、代わりに借金の返済をおこなっていく人のことです。

任意整理をすると、保証人になることができず、奨学金も例外ではありません。

しかし、奨学金の保証人には、「人的保証」と「機関保証」の2つから選ぶことができます。人的保証には、保証人と連帯保証人が必要ですが、機関保証は、保証会社に毎月一定額の保証料金を支払うことで、保証人が不要になります。

保証料金は、奨学金の借り入れ金額と、年数によって違いますが、およそ1000円~7000円の範囲内です。例えば、月々3万円借りていた場合、保証金はおよそ1000円です。

あなたのお子様が奨学金を借りる場合に、人的保証がつけられなくても機関保証を選択することで奨学金を借りることが出来ます

奨学金の保証人に関する問題

先ほど、奨学金を借りるには保証を付ける必要があると説明しました。人的保証をつける場合、任意整理をしたあなたが保証人になることはできません。

しかし、あなた以外の親、姉妹または叔父や叔母といった4親等以内の親族であれば連帯保証人になることができます。

子どもの進学の際に、お金が必要であったり、奨学金の保証人をたてる場合には任意整理をしていることを話したほうがスムーズに状況を理解してもらえることもあるでしょう。

家族に伝えるか伝えないかは、あなた次第

任意整理は、借金が複数ある場合には債務整理の対象を自分で選択できます。そのため、家族に関係する借金であれば、その借金については任意整理の対象から外して、他の借金については、家族に知られないように手続きを進めることが出来ます。

しかし、借金の返済に追われて経済的に苦しい状況にあり、任意整理を行う方が多いと思います。借金による精神的なストレスや心のうちを家族に話して理解してもらうことが出来れば、精神的なゆとりもうまれることも考えられます。

また、家族一丸となって生活環境を整えて立て直していくきっかけになるかもしれません。つまり、任意整理をすることを家族に話すべきか、そうでないかはあなたの環境に依存するということです。

まとめ

・任意整理をしたことが、本人が伝えない限り家族にバレる可能性は低い。ただし、本人名義のクレジットカードの家族カードを利用している場合には、任意整理後は使用できなくなるため家族に話しておく必要がある。
・ブラックリストに登録されている期間である5~7年間については、新たな借り入れや、クレジットカードを利用することが出来ないため、今後の家族計画においてあなたの名義でローンを組む可能性がある場合には、任意整理をすることを家族に話しておいたほうが良い。
・任意整理したことを家族に共有することによって、精神的なゆとりがうまれ借金の返済に対して協力を得られる可能性もある。
・任意整理をすることを話すか話さないかはあなた次第である。

任意整理の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ