任意整理をすると、

「どれくらいの期間、ローンを組むことが出来なくなるの?」

「自動車や住宅のローンが残っている場合にはどうなるの?」

と疑問に思っている方もいると思います。

任意整理をすると、あなたの情報がブラックリストに登録されるため、一定期間ローンを組むことが出来なくなります。そこで、今まで組んでいた住宅や自動車のローンがある場合にはどうなるのか、手放さなくてはいけないのかと心配をする方もいると思います。

また、ローンが組めない期間は、いつまで制限がかかるのか疑問に思う方もいるでしょう。今回は、任意整理によるローンへの影響について詳しく説明していきたいと思います。

ブラックリストへの登録

任意整理をした後に、ローンが組めなくなるのは、あなたがブラックリストへ登録されるためです。ブラックリストとは、信用情報機関に一定期間あなたが任意整理をしたという事故情報が登録されることです。

日本には、3つの信用情報機関がありますが、任意整理をした場合、このうち2つの機関に事故情報が登録されることになります。

各情報機関はそれぞれに事故情報を共有しているため、一度ブラックリストに登録されると削除されるまでの間は、あなた名義の新たな借り入れ(ローンを含む)や、クレジットカードを利用することが出来なくなります。

どれくらいの期間、ブラックリストに登録されるか?

一般的に、任意整理をした後5~7年間は、ブラックリストへ登録されています。任意整理をしたあと、滞りなく借金を返済していくことで登録は削除されます。つまり、任意整理をした後5~7年経つと、クレジットカードの使用や新たな借入れ、ローンを申し込むことが出来ます。

ただし、登録されている期間に返済が滞ってしまうとブラックリストへの登録が最短期間では削除されません。

また、返済が長期間できない場合には、借金を一括で返済しなければならなくなったり、代理人が辞退してしまう可能性があるので、任意整理後はきちんと生活を見直し返済を滞らないようにしましょう。あなたがブラックリストへ登録されたからといって家族や周囲の人に影響が及ぶことはありません。

任意整理をしても、住宅や車のローンを組めるのか?

ブラックリストへ登録されている期間であっても、ローンを組むことは原則可能です。つまり、任意整理をしても、ローンを組むこと自体に法的制限がかかるわけではありません。

ただし、ローンを組むためには審査に通る必要があります。任意整理をすることによってブラックリストへ登録されている期間は、カード会社の審査がとても厳しくなります。なぜなら、あなたに返済できる能力があると判断されないからです。

そのため、任意整理をしてブラックリストに登録されている期間(約5年)は、ローンを組めないという法律はありませんが、現実的にローンを組むことが難しいということになります。

住宅ローンについては別!

住宅ローンについては、ブラックリストへ登録されている期間であってもローンを組むことができる可能性があります。なぜなら、住宅ローンは単にブラックリストへ登録されているから審査が通らないという判断をするのではなく、様々な視点からローンの審査をして融資するかどうか決めているからです。

先ほど説明したように、一般的なローンについてはブラックリストへ登録されている期間ローンを組むことが難しいです。

あなたがカード会社の社長だとすると、返済能力がなく債務整理をしているという情報がある方にわざわざお金を貸そうと思いますでしょうか?審査は、あなたに返済能力があるかどうかを判断しているためブラックリストに登録されている期間は厳しくなります。

しかし、例外的に、あなたが任意整理をした後に事業で成功し、年収が一気に高くなったとするとブラックリストに載っている期間であっても借入れが出来る場合もあります。

ここで、住宅ローン審査で重要視されているポイントについていくつかあげていきます。

「借入時の年齢」、「完済時の年齢」、「健康状態」、「年収」、「勤続年数」、「連帯保証人」、
「金融機関の営業エリア」、「カードやローンの借金情報や、返済履歴」などです。

これらのポイントには、優先順位があり、例えば、「完済時の年齢」と「年収」を比べたときに、年収はものすごく高くても、完済時の年齢が高齢であればあるほど、審査の基準をクリアすることが厳しくなるといったようなことです。

このように、住宅ローンには、審査ポイントが豊富にあるため、一概にブラックリストだから審査が通らないということはないのです。(※ブラックリストだと審査に通りにくいことは変わりません。)

自動車のローンを組むことは難しい

これまでに説明した通り、任意整理をした後でも住宅ローンであればローンを組むことができる可能性があります。しかし、ブラックリストへ登録されたという情報がある以上は審査の基準はとても厳しくなります。

任意整理後の自動車のローンについては組むことが難しいです。だからといって、自動車が購入できないわけではありません。ローンを組まずに、現金で購入する方法もあります。
自動車の購入は高額であるため、現金で購入となると難しい方が多いでしょう。その場合には、家族名義で購入してもらう方法や、カーディーラーを利用する方法などがあります。

家族名義で自動車ローンを組むとは?

家族名義で購入してもらう方法とは、あなたがローンを組めない状況にあっても任意整理をしていない配偶者や両親、子どもに所得がある場合、自動車のローンを組むことが出来るので家族にローンを組んでもらい、その自動車をあなたが乗るという方法です。

自動車には、「所有権留保」という法律が認められています。所有権とは、自動車を持っている人の持つ権利のことです。自動車の車検の欄には、契約者と所有者と記名被保険者を設定します。所有権留保では、この3つの名義が異なっていることが認められます。

自動車をローンで購入した場合、所有者はカード会社になります。記名被保険者は実際に車を使用する人です。ですので、家族がローンで購入してくれた車を使用する場合、あなたの名前はここに記載されることになります。契約者は、契約を締結して保険料を支払う人です。

このような仕組みをもとに、家族名義のローンで購入した自動車を使用することが出来ます。

いつになったら普通にローンが組めるの?

ブラックリストからあなたの名前が削除されれば、任意整理をしたことに関係なくローンを組むことができます。ブラックリストから登録が削除されるのは、任意整理をした後の5~7年先になります。

審査が通らなかった場合

1つの金融機関で、ローンを組めなかったとしても他の金融機関では審査を通り、ローンを組むことができることもあります。ですが、各信用情報機関は、ブラックリストの情報を共有しているため任意整理後はローンを組むことが難しいと考えていたほうが良いでしょう。

まとめ

・ブラックリストとは、信用情報機関に一定期間あなたが任意整理をしたという事故情報が登録されること。
・一度ブラックリストに登録されると削除されるまでの間は、新たな借り入れや、クレジットカードを利用することが出来なくなる。
・ブラックリストに載ることによって、家族へ影響が及ぶことはない。
・任意整理をした後でも住宅ローンであればローンを組むことができる可能性があるが、ブラックリストへ登録された以上、審査の基準はとても厳しくなる。
・任意整理後の自動車のローンについては、原則組むことができない。
・ブラックリストから登録が削除されれば、任意整理をしたことに関係なくローンを組むことができる。

任意整理の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ