「任意整理したいけど、スマホがそのまま使えるか心配…」

「任意整理したら新しい携帯電話は買えないの?」

債務整理の中でも最もよく利用されている任意整理ですが、任意整理後、携帯電話やスマホが使用できるのか不安に思う方は多いのではないでしょうか。

携帯電話やスマホは今や生活必需品になっていますし、使えないととても不便ですよね。
また、スマホが使えなくなって任意整理したことが周りにバレてしまわないか、というのも気がかりかもしれません。

任意整理をした後では、携帯電話はそのまま使えるのでしょうか。もし使えなくなった場合、新しく契約することはできるのでしょうか。

関連リンク
任意整理について詳しくはこちら

任意整理では対象から外すのが無難

任意整理では、整理したい債権者(お金を貸してくれている人)を自由に選択できるという特徴があります。

個人再生や自己破産では、債権者を平等に扱う義務があり、全ての債権者を対象にしなければなりません。そのため、携帯料金はそのまま支払えたとしても、もし端末代を分割で支払っていれば手続きに含める必要があり、結果的に端末代を踏み倒したことになってしまい、最悪強制解約となってしまうことがあります。

しかし任意整理であれば、もし携帯料金の滞納やスマホの端末代の支払いが残っていたとしても、数万円程度であれば任意整理の対象から外して他の借金だけ任意整理すれば、携帯電話やスマホはそのまま使い続けることができます。

支払い方法に注意

携帯電話やスマホを任意整理の対象から外せば、問題なくそのまま使い続けることができますが、注意しなければならないのが、料金の支払い方法です。もし、口座からの引き落としなどであれば問題ないですが、クレジットカード支払いにしていて、そのクレジットカードを任意整理の対象にする場合、クレジットカードは使えなくなるので支払い方法を変更しておく必要があります。口座引き落としか、コンビニ支払い(現金払い)に変更しておきましょう。

任意整理の対象にしたほうがいい場合

では携帯電話やスマホも任意整理したほうがいい場合はあるのでしょうか。

もしゲームの課金や、お買い物でキャリア決済(月々の携帯料金の支払いとまとめて支払いする決済方法)をしている場合、請求金額が数万円から数十万円と高額になることがあります。ゲームの課金なんかは、1回あたりの金額が低いので、気がついたら何度も課金して高額になっていた、ということがよくあります。

その請求を滞納してしまっていて、すぐに支払いができない場合は任意整理の対象にすることも検討したほうがいいかもしれません。どのみち、請求を滞納してしまった場合、1~2カ月で利用停止となり、そこからさらに1~2カ月で強制解約となってしまいます。それでも支払えない場合、放っておくと裁判になることもあります。

任意整理をすれば、一括ではなく分割で支払うことができたり、裁判を起こされるのを回避できたり、延滞利息を免除してもらえるなどのメリットがあります。特に延滞利息は、ドコモ、au、ソフトバンクのいずれも、年利14.5%とけっこう高くなっています。これが免除されるのは大きいですよね。

ただ、携帯電話会社によっては交渉が難航することがあり、弁護士によっても携帯料金の任意整理は受け付けていない、というところもあります。
もし携帯電話の任意整理を検討している場合は、任意整理に強い弁護士に相談してみましょう。

任意整理をした携帯電話やスマホは使える?

では任意整理をした後というのは、携帯電話やスマホは使えるのでしょうか。

まず、携帯の料金と言っても、大きく分けて2つの料金を支払っていることが多いです。

・携帯電話の使用料金
・携帯電話やスマホの端末代

この2つを月々支払っていることが多いです。(本体代を最初に一括で支払っている場合は、月々の使用料金だけになります。)

これを分けて考える必要があります。

使用料金の契約形態は?

月々の使用料金や、ゲームの課金代、お買い物のキャリア決済などの支払いを滞納している場合、「携帯ブラック」と呼ばれるリストに載ることになります。この携帯ブラックとは、いわゆるブラックリストとは違い、携帯電話会社が共有している情報で、料金の滞納などの情報が載っています。

例えば、ソフトバンクで契約していて、料金を滞納してしまうと、auやドコモでもその情報が共有されるんですね。ここに情報が載っていると、最悪強制解約になるだけでなく、他の回線でも契約できなくなってしまいます。

しかし、この携帯ブラックに関しては、支払いを済ませてしまえばリストからすぐに削除されます。そのため、任意整理をした場合でも滞納していた分を支払い終われば、携帯ブラックのリストからは削除されます。

端末代の契約形態は?

最近のスマホは端末代自体も高く、10万円を超えるものもありますよね。一括で購入する方もいますが、多くの方が分割払いで月々の使用料金と一緒に支払うスタイルにしているかと思います。

これは、先に商品を受け取って月々で支払いしていくことから、クレジットカードやローンと同じ信用販売にあたるとされています。

そのため、もし支払えなかったら信用情報機関の信用情報に事故情報が載ってしまいます。いわゆるブラックリストに載ってしまうんです。

ただ、ブラックリストに載る、という点では、任意整理をすると携帯電話やスマホを対象にするかしないに関わらず、ブラックリストに任意整理したことが載ってしまいます。

端末を一括で購入すれば任意整理後も使える

では2つの料金を見てみましたが、任意整理後は携帯電話やスマホは使えるのでしょうか。

月々の使用料金については、滞納さえしていなければ、もしくは滞納していたものをきちんと支払い終えれば、携帯ブラックのリストからは情報が削除されるので、再び契約することができます。

ただ、端末代については、任意整理をするとブラックリストに情報が載り、5年は情報が消えないので分割払いを断られることがあります。その場合は一括で購入すれば、特に問題はありません。

端末代が高く一括で購入するのはちょっと…という場合は、中古で端末を購入したり安い端末を購入するのがおすすめです。最新機種は買えないかもしれませんが、5年経てばまた分割で支払えるようになります。

でも実際は、任意整理の事故情報が載っているからといって、必ず分割払いを断られるわけではありません。数万円程度なので、クレジットカードの審査ほどは厳しくなく、任意整理後でも分割でスマホが買えた、という声はけっこうあります。まずは分割で審査をしてみて、ダメだったら一括購入を検討してみましょう。

まとめ

任意整理をしたとしても、携帯電話やスマホは対象から外すことができるので、変わらず使い続けることができます。ただ、ゲームの課金やキャリア決済などで月々の使用料金が膨らみ滞納してしまっている場合は、任意整理の対象に入れるのもありです。任意整理をすれば、裁判を回避できたり、滞納している未払い金を分割で支払ったり、延滞利息の免除の交渉をしてもらうことができます。

分割で支払いが完了すれば、端末代は一括で支払う必要がありますが、新規で契約することもできるので、携帯電話やスマホを持つことができます。携帯電話会社はローン会社などと違って、任意整理に応じてくれないこともあり、弁護士によっては任意整理に携帯電話やスマホを含めるのを断る事務所もあります。

任意整理の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ