「任意整理をしたらいつまでクレジットカードが使えないの?」

「任意整理しなかったクレジットカードはそのまま使えるの?」

任意整理は、裁判所を通さずに借金の利息カットや分割支払いの交渉を行える債務整理です。任意整理を行うと、借金の負担が軽減する代わりに一時的にあなたの信用情報に傷がつき、いわゆるブラックリスト入りしてしまいます。この間は、クレジットカードが使用・作成ができなくなるなど、さまざまな弊害が生じます。

本ページでは任意整理後のクレジットカードの使用や作成についてご説明します。

クレジットカードが使用・作成できなくなる「ブラックリスト入り」とは?

信用情報に傷がつくこと

任意整理を行うと、あなたの信用情報に傷がつく、いわゆる「ブラックリスト入り」状態になってしまいます。信用情報に傷がつくと、借金をしたり、買い物の後払いをしたりすることができなくなります。

<ブラックリスト入りするとできなくなること>

・クレジットカードの使用と新規作成
・自動車・住宅ローンの新規契約
・携帯電話本体料金の分割支払い
・保証会社の契約が必要な住宅の契約
・周囲の方の借金の保証人になること など

信用情報には、あなたのクレジットカード取引履歴や支払いの延滞情報、任意整理などの債務整理を行なった履歴(これを「事故情報」といいます)などが記録されています。これらの情報は「信用情報機関」という組織がデータとして保持しており、貸し倒れをすることがないよう、各カード会社間で共有されています。

クレジットカードを新しく作るときや、家のローンを契約するとき、賃貸住宅を新しく借りるときなどに「審査に通る・通らない」という話を聞いたことがありませんか。このような審査を行うときに、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)や保証会社は信用情報機関に問い合わせ、あなたのこれまでの履歴をみて「お金を貸してもいいだろうか」「信用してもいいだろうか」ということを確認するのです。

信用情報機関のしくみ

信用情報を保持している信用情報機関には3つの種類があります。カード会社によって、加盟している信用情報機関は異なりますが、延滞情報や事故情報といった「ブラックリスト入り」に関する情報は相互に共有されているため、あなたの信用情報をどのカード会社でも知ることができます。

<3つの信用情報機関>

・JICC(日本信用情報機構)……消費者金融や信販会社
・CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)……クレジットカード会社や信販会社
・JBA(全国銀行個人信用情報センター)……銀行や銀行系カード会社

自分の信用情報は調べることができる

あなたの信用情報は信用情報機関によって守られているため、カード会社以外の一般の方が知ることはできません。また、任意整理を行なった際に「あなたはブラックリスト入りしました」というような通知が届くこともありません。

そのため、「自分がブラックリスト入りしているかどうか知りたい」と思ったときは、信用情報機関に問い合わせ、情報を開示してもらう必要があります。信用情報の開示方法は、信用情報機関それぞれで異なります。また、情報開示には500〜1000円の手数料が生じ、本人、あるいは法定代理人や本人からの委任状を持った方でなければ情報開示を認めることができません。

信用情報機関ごとに延滞情報や債務整理を行なった事故情報の履歴が残る期間に違いが生じることもあるため、全ての信用情報機関を調べた方が安全です。

<各信用情報機関の情報開示>

・JICC…窓口・郵送
・CIC…窓口・郵送・インターネット
・JBA…郵送のみ

任意整理とクレジットカードの使用について

任意整理をしたクレジットカードはもう使用することができない

任意整理をすると、そのクレジットカードはもう2度と使用することができません。これは、任意整理した借金の完済前はもちろん、借金を完済し、ブラックリストから外れた後も使用できないということです。

また、このクレジットカードで家族カードを作成していた場合、家族カードも使用することができなくなりますので、ご家族の方も注意が必要です。

任意整理しなかったクレジットカードは使用できるって本当?

任意整理は、どの借金に対して行うかを自分で選択することができます。任意整理の対象外としたクレジットカードは、カード会社に任意整理を行なったことが発覚するまでの間、使用することができます。

ただし、カード会社のなかには定期的に契約者の信用情報をチェックしている会社もあります。このチェックでカード会社に事故情報が発覚すると、クレジットカードの使用が停止されてしまいます。また、クレジットカードの更新のタイミングで、事故情報が発覚することもあります。いずれにしても、いつかは使用できなくなるものと理解しておきましょう。

任意整理とクレジットカードの新規作成について

任意整理でクレジットカードが作れない期間は5〜10年。

任意整理をすると、一定期間クレジットカードの作成ができなくなります。クレジットカードの作成ができなくなる期間は、任意整理以前に3か月以上の延滞しているか、していないかによって違いがあります。

任意整理前に3ヶ月以上の延滞をしていない方の場合、任意整理を依頼してから5年間がブラックリスト入りとされ、クレジットカードを作成することができません。この間にきちんと借金を返済すれば、ブラックリストから外れ、再度クレジットカードを作成することができるようになります。

一方で、任意整理前に3ヶ月以上の延滞をしてしまった方は、信用情報に任意整理による「事故情報」だけでなく、返済を延滞した「延滞情報」も残っています。この場合、借金返済中はもちろん、借金を完済してから5年間もブラックリスト入りとなるため、延滞していなかった方よりも長くクレジットカードを作成することができなくなります。

任意整理をしていても5年以内にクレジットカードが作れることも

とはいえ、クレジットカードを作成する際の審査基準は、クレジットカード会社によってもまちまちです。会社によっては、借金を完済している方で、収入の安定した職業に就いている方であれば、任意整理から5年以内にクレジットカードの作成が許可されるケースもあります。

借金を完済したあと、どうしてもなるべく早くクレジットカードを作りたいという方は、一度検討してみるのもよいかもしれません。

また、任意整理を行なった結果、過払金が発覚した方は、ブラックリスト入りしておらず、クレジットカードを通常通り作成できるケースがあります。

ブラックリスト入りしている期間中、家族カードの発行は可能?

「ブラックリスト入りしているけど、その間にどうしてもクレジットカードを利用したい」という方の中には、家族カードの発行を検討する方もいます。

家族カードとは、契約者のご家族向けに発行されるカードのことで、通常のクレジットカードと同じように使用することができますが、全ての支払いが契約者の口座から引き落とされるというものです。

たとえば、あなたが任意整理を行なってブラックリストに入り、あなた名義のクレジットカードを持てなくなったとします。その場合、奥様や旦那様などあなたのご家族名義のクレジットカードを元にあなた向けの家族カードを作成することができれば、そのカードを使用することが可能です。

ただし、ブラックリスト入りしている方向けに家族カードを発行するかどうかは、カード会社の審査によって異なります。原則的には契約者の信用情報を元に判断しますが、カード会社によっては申し込み者の信用情報もみられることがあり、家族カードが作成できないこともありますので注意しましょう。

ブラックリストから外れたらどんなクレジットカードでも作成できるの?

晴れてブラックリストから外れたとしても、どんなクレジットカードでも作成できるわけではありません。

第一に、任意整理を行なったカード会社のクレジットカードは新規作成することはできないと考えた方が良いでしょう。カード会社では信用情報機関の持つ信用情報の他に、各カード会社内で「社内ブラック情報」を会社内で共有しています。一度任意整理を行なってしまうと、会社内でブラックリスト扱いとなり、多くの場合は新たにクレジットカードを作成できなくなってしまいます。

また、今までに作成したことがないカード会社であっても、カードの作成が難しいケースがあります。ブラックリストから外れた後は、信用情報のクレジットカード利用履歴がないため、カード会社側としても「この人を信用して良いかどうか」の判断材料がなくなります。

そのため、審査の厳しいカード会社では、クレジットカードの作成が難しくなることがあるのです。以上のことから、ブラックリストから外れた後クレジットカードを作成するときには、カード会社選びを慎重に行う必要があります。

まとめ

●任意整理を行うと信用情報に傷がつき、ブラックリスト入りしてしまう
・ブラックリスト入りすると、一定期間クレジットカードの使用・作成ができない
・あなたがブラックリスト入りしているかどうかは、郵送や窓口などで問い合わせることができる
●任意整理をすると今まで使っていたクレジットカードの使用ができない
・任意整理の対象となったクレジットカードは2度と使うことができない
・任意整理から外したクレジットカードも、ゆくゆく使用できなくなるので注意
●任意整理をすると5〜10年間はクレジットカードの作成ができない
・任意整理前に3ヶ月以上の延滞をしていなければ5年、3ヶ月以上の延滞をしていれば8~10年
・ブラックリスト入りしていても借金を完済し、安定した収入を得ていれば、稀にクレジットカードの作成を認めてもらえるケースがある
・ご家族名義のクレジットカードによる「家族カード」であれば、発行できる可能性がある
●ブラックリストから外れても、任意整理後はクレジットカードを作れるカード会社が限られる
・任意整理を行なったカード会社のクレジットカードは作成できない
・これまで利用したことのないカード会社でも、信用情報の履歴がないため、断られる可能性がある

任意整理の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ