「任意整理後に、病気になってしまい返済が出来なくなってしまった」

「前回とは別の借金を任意整理したいのだけど・・・」

など、一度任意整理を行ったあとにも、返済計画通りに返すことができなくなってしまったり、任意整理の対象から外していた借金を追加して二度目の任意整理したいと考える方もいると思います。

このような場合、複数回の任意整理を行うことはできるのでしょうか?また、任意整理をした後に追加で、他の借金に対して任意整理をすることは可能なのか?説明していきたいと思います。

任意整理について

任意整理とは、弁護士や司法書士が代理人となって、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行など)と将来利息のカットや、借金の長期分割返済の交渉をすることにより、毎月の返済金額を減額して、生活に支障のない範囲で返済を行えるようにする債務整理の手続きのひとつです。

裁判所を介さない手続きのため、借金の減額の程度や返済期間はすべて交渉次第です。

この『裁判所を介さない』というのが、重要ポイント。

また、必ずしもすべての借り入れに対して任意整理を行う必要はありません。そのため、1社だけと交渉してもらいたい、という希望であれば1社のみ選択し、任意整理することが可能です。

任意整理では、元金以外に支払っている利息やショッピングによるリボ支払い手数料をなくして、毎月の支払い額の減額や支払期間を交渉し、元本の60回払いに組みなおすことが基本です。

もう一度任意整理したい場合

先ほど説明しましたように、任意整理は裁判所を介さず交渉によって返済額を減らすことができます。そのため、もう一度任意整理をしたい場合、法律的に問題となり任意整理が出来ないということは一切ありません。理屈上は、あなたが望めば何度でも任意整理が出来るということです。

一度、任意整理をしたカード会社に対して行う場合

一度任意整理をしたカード会社であっても、カード会社さえ認めれば任意整理をすることが出来ます。しかし、借金の返済に困っていて任意整理によって、返済額を減らし返済期間を見直してもらったにも関わらず、再び同一のカード会社で任意整理をしたい!となると、認めてくれるところは少ないです。

もう一度任意整理を希望して、交渉を進める場合にはあなたと、カード会社との間にどれくらい信頼関係が出来ているのかも大事なポイントになります。

経済的に厳しい状況であっても、減らしてもらった返済額について毎月きちんと返済をし、借金の半分以上を返している場合にはカード会社も二度目の任意整理を認めてくれる可能性があります。

反対に、返済計画を守らなかったり、連絡を滞った場合には、借金の残高を一括で請求される可能性もあります。

また、カード会社が二度目の任意整理を認めてくれた場合には、一度目の任意整理ですでに利息はカットされているはずなので返済額そのものが変わるのではなく、返済期間を組み直してもらえると考えておきましょう。

一度目の任意整理で、対象としていなかった借金を任意整理したい場合は?

一度も任意整理をしたことのないカード会社の場合には、何の支障もなく任意整理をすることが認められるでしょう。弁護士や司法書士といった代理人に再度連絡し、相談しましょう。追加で任意整理をする場合には、別途で追加分の費用がかかりますので事前に代理人へ確認し、きちんと用意しておきましょう。

個人再生や自己破産など、他の債務整理については繰り返し行うことは出来る?

個人再生の場合

個人再生の場合、1回目の手続きから7年以上経過している必要があります。個人再生をした後であっても、借金の返済が出来ずやむなく自己破産が必要だという場合には、7年以内でも手続きをすることが出来ます。

自己破産の場合

自己破産の場合も個人再生と同様に1回目の手続きから7年以上経過していなければ手続きをすることが出来ません。さらに、自己破産を行ったあとに、個人再生をしたい場合にも7年間はあける必要があります。

法律上は、自己破産を行った後でも7年経過すれば、任意整理や個人再生といった他の債務整理をすることが可能ですが、現実的にはカード会社が認めてくれることはほとんどありません。

自己破産によって、一度すべての借金を免責したにもかかわらず、新たな借金を作って再び返済できなくなったというのでは、カード会社側も厳しく対応せざるを得ません。

任意整理も個人再生も出来ない場合には、再び自己破産を選択するしか道はなくなってきます。

何度も借金を繰り返すのはやめましょう

任意整理をはじめとする、何らかの債務整理の手続きをとって借金を一度でも減額または免責したことがある方であれば、借金の返済額が大きくなり生活が苦しくなった思いをしたことがあると思います。

借り入れの際には、お金が簡単に手に入り一時的に楽になったような気がしますが、実際に返済していく事は大変です。借金を繰り返すことはやめましょう。もっとも、債務整理をしていればブラックリストに登録されるため、手続き後の5~7年程度はクレジットカードを持つ事はもちろん、新たな借り入れをすることが出来ません。そんなとき、「ブラックでも借りられる!」などヤミ金業者からの甘い誘いにのってはいけません。

債務整理後は、経済的な立て直しをはかる大切な時期です。カード会社の協力によって減った借金をしっかり返済しましょう。そして、再び借金をつくって、不自由な生活を強いられることがないようにしましょう。

まとめ

・任意整理は、代理人がカード会社と交渉し、生活に支障なく借金を返済できるようにする債務整理の手続き。裁判所を介さない手続きで、借金の減額の程度はすべて交渉次第。
・複数回でも任意整理をすることが出来る。
・同一のカード会社に対して、二度目の任意整理でも相手側が認めれば任意整理をすることが出来るが、現実的に認めてもらうことは厳しい。また、二度目の任意整理では初回の任意整理で利息分はカットされているので、返済期間の見直しのみ認められると考えておく。
・一度目の任意整理で、対象としていなかった借金も任意整理したい場合には任意整理をすることが出来る。
・個人再生・自己破産の場合は初回の手続きから7年以上経過していなければならない。さらに、自己破産を行ったあとに、個人再生をしたい場合にも7年間あける必要がある。

任意整理の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ