「税金や保険料って任意整理ってできるの…?」

「借金と一緒に税金と年金も任意整理の対象にしていいの?」

借金やローンの支払いが厳しい時、税金や国民健康保険、年金の支払いも重なるとさらに支払いが厳しくなることでしょう。

会社員の方であればお給料から天引きされるのが一般的ですが、自営業の方やパートやアルバイトの方は、住民税や年金などの支払いがありますよね。支払いが難しくなった場合、税金や国民健康保険、年金なども任意整理の対象に入れることはできるのでしょうか。

関連リンク
任意整理について詳しくはこちら

滞納している税金や年金は任意整理できる?

任意整理とは、弁護士に依頼して、借金やローンなどの将来利息を免除してもらったり、遅延損害金を免除してもらうことで、支払総額を減らしてもらってそれを3~5年かけて分割で完済する手続きのことです。あくまで元本は支払う必要がありますが、利息が高くてなかなか支払いが終わらない場合や、遅延損害金が発生していて金額が膨れ上がっている場合にとても有効な手続き方法です。

ではこの任意整理ですが、税金や年金も対象にすることができるのでしょうか。

結論をから言いますと、税金年金は任意整理をすることができません。任意整理以外の債務整理方法(個人再生や自己破産)もすることができません。これは、破産法で「非免責債権」として、税金や国民健康保険、年金は免除することができないと決められているからです。

もし、税金や保険料の免除や減額を認めてしまうと、人によって税金や保険料が安くなることになり、真面目に支払っている人達からしたら「馬鹿らしい」という気持ちになってしまいますよね。それで支払う人が減ったら困るので、税金や保険料が免除されるということはないんです。

同様に、遅延損害金や延滞料、利息なども免除されないので、任意整理することはできません。

非免責債権で決められているもの

非免責債権とは、個人再生や自己破産などの債務整理でも、免除ができないとされているものです。

非免責債権には、

住民税、所得税、固定資産税、不動産所得税、自動車税、国民健康保険料、厚生年金保険料、年金

などがあります。

これらは個人再生や自己破産でも免除されませんし、滞納していたとしても任意整理もできません。

また、非免責債権が定められている破産法では、「罰金等の請求権」というものが定められています。これは、罰金、科料、刑事訴訟費用、追徴金、過料は制裁としてどんな場合でも請求できる、と決められていることから、債務整理をすることができません。

税金を滞納したままにするとどうなる?

税金は任意整理が認められず、必ず支払う必要があります。

では、支払えずにそのまま放置してしまったらどうなるのでしょうか。

相手が国だから、消費者金融よりは取り立ても甘いだろうと思うかもしれませんが、実は税金の滞納は財産の差し押さえも起きるくらい、厳しいんです。

まず税金の支払いを滞納していると、督促状というものが送られてきます。督促状は、支払期限や滞納している延滞税などが記載されています。書類と同封されているハガキや納付書で、コンビニや銀行で支払うことができます。

その次は催告状が届きます。催告状は督促状とあまり変わりませんが、期限までに支払いがないと強制執行(財産の差し押さえ)の手続きに移ります、という内容が記されています。

最後に届くのが、差し押さえ予告書です。差し押さえ予告書も基本的には催告状と変わりませんが、最終段階なのでこれを無視していると差し押さえが実行されることになります。
差し押さえの多くは口座差し押さえで、銀行口座にはいっている全額が差し押さえられることになります。給料についても1/4は差し押さえられることになってしまいます。

どのくらいの期間で差し押さえにまで発展するかは、各地方自治体によっても違いますし、督促状や催告状がなくいきなり予告書が来たという方もいます。

支払いが難しい時は分割の相談を

税金の滞納はこのように差し押さえにまでなることがありますが、そうなる前に分割での支払いや猶予について相談をしてみましょう。

各地方自治体にもよりますが、事前に相談しておくことで事情によっては分割や猶予も応じてくれます。

税金は放っておくと延滞税がどんどんかかってしまいますが、事前に相談することで無利息での猶予に応じてもらえることもあります。後から任意整理することはできないので、支払いが難しい時は早めに相談して支払い計画を立てましょう。

まとめ

税金や国民健康保険、年金は任意整理をすることができません。税金については、延滞税もかかるので、支払いが遅くなるほど金額が上がってしまいますし、支払いを無視していると最終的には銀行口座の全金額差し押さえにまで発展してしまいます。

そうなる前に、まずは職員に分割払いの相談や、猶予の相談をしてみましょう。無利息で応じてくれるところもありますし、親身になって相談にのってくれます。すでに滞納してしまっている場合でも、分割払いにしてもらうことで支払い計画をたてやすくなるので、一度相談してみましょう。

任意整理の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ