日常生活の必需品ともいえるクレジットカードの利用については、任意整理後の数年間は、使用はできなくなります。任意整理した本人ではなく、その家族への影響について、

「任意整理の手続きによって、妻のクレジットカードはどうなるのか?」
「子供に渡した家族カードは使い続けられるのか?」
「妻が新たなクレジットカードを作りたいと言っているが、自分が任意整理したことによって出来ないのでは・・・」

と、疑問や不安を持つ方もいるでしょう。今回は、任意整理による妻のクレジットカード、家族カードへの影響について解説します。

ブラックリストによる影響は?

ブラックリストとは?

ブラックリストとは、任意整理をすることによって、事故情報が信用情報機関に載ることです。日本には、現在3つの信用情報機関があり、任意整理をした場合には、「日本信用情報機構(JICC)」と「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」の2つに任意整理をしたという事故情報が載ります。

各信用情報機関のデータの保有期間は、約5年間です。信用情報機関に事故情報が載ると、新たな借り入れは出来なくなります。

つまり、ローンやクレジットカードなどを使うことができなくなることで、借金ができなくなります。そのため、今後5年間は、クレジットカードの使用や新たな借り入れは出来ません。

また、新しくカードを作ることも出来ません。借入の申込やクレジットカードの審査の際に、カード会社は信用情報機関に照会し「個人信用情報」を確認するため、事故情報がチェックされ、あなたには信用力がないと判断されてしまいます。

そのため、任意整理によって個人信用情報に事故情報が登録されている間は、新たにローンやカードの審査を受けても通らなくなります。

家族もブラックリストに登録されるの?

任意整理をして、信用情報に事故情報が載るのは本人だけです。そのため配偶者や、家族のクレジットカードの申し込みや、新たな借入の申し込みには一切影響はありません。

いずれ消去されるもの

任意整理後のブラックリストへの登録は一生続くものではなく、この期間に借金を滞りなく支払い続けていれば、およそ5年間でブラックリストから名前が消えます。ブラックリストから名前が削除されると、再びクレジットカードの使用や新たな借入が可能になります。

妻のクレジットカードは使用できる?

結論から述べると、任意整理によって、妻のクレジットカードが使えなくなることはありません。また、妻が新たな借入や、クレジットカードを発行することも可能です。

なぜなら、先ほど説明したように、任意整理をしたことによってブラックリストへ登録されるのは任意整理をした本人だけだからです。そのため、妻および家族の信用情報に影響を及ぼすことはありません。妻のクレジットカードは引き続き使用することができます。

妻が主契約の家族カードは使用可能

家族カードとは?

家族カードとは、「家族会員カード」「ファミリーカード」とも呼ばれ、クレジットカードの申し込み契約者本人の家族に対して発行が可能なカードの事です。メリットとしては、専業主婦や学生といった安定した収入がない方でも、主契約者の信用をもとに、審査をすることなく、クレジットカードを持つ事ができます。その手軽さゆえに、多くの方が利用しています。

任意整理した後に、家族カードは使えるの?

家族カードの主契約者が、任意整理の手続きをした場合、家族カードは使用出来なくなります。

あなたが主契約者で、任意整理をすると、妻や子供が家族カードを使用している場合、それらは使用できなくなります。

しかし、妻が主契約者で、「債務整理をしていない」「滞納をしていない」といったように、妻の信用情報に傷が付いていない場合は、家族カードを使うことができます。

まとめ

・ブラックリストとは、任意整理をすることによって、事故情報が信用情報機関に載ること。
・ブラックリストに登録されると、今後5年間はクレジットカードの使用や新たな借り入れは出来なくなる。
・任意整理をして、ブラックリストに載るのは本人のみ。配偶者や、家族のクレジットカードの申し込みや、新たな借入の申し込みには一切影響はない。
・ブラックリストへの登録後、返済を滞らず続けた場合、5年程度で登録は削除される。
・クレジットカードの主契約者が任意整理をした場合、その家族カードは使用することができなくなる。

任意整理の相談なら債務整理相談センター【和歌山店】へ